GoogleのNexusブランドが終了したみたいですね。今後もNexusのサポート(カスタマーサポート、ソフトウェアアップデートなど)を続けるみたいですが、次の端末プランがどのうなるのかということが気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで新しく出てきたのがAndroidスマートフォンの新機種「Pixel」で、グーグル自身が初めて開発した機種とされ、AI技術を用いた「Google Assistant」(グーグルアシスタント)を初めて搭載したモデルになるみたいですね。

グーグルアシスタントがどんな感じなのか気になるところではないでしょう。

利用する際には「OK Google」と呼び掛けてスタート。その日の予定やYouTubeの動画再生、自宅から職場までの交通状況、近くにある薬局などを問いかけることでそれを案内してくれるという内容のようですね。

やはりAIがしっかりと進化しているという感じでしょうかね。問題は値段なんですけど、アメリカでは649ドルのようですね。

アイフォンよりは安いみたいですけど、それでもなかなか高額ですよね。

とは言っても色々な機能が入っているみたいで、グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」やスマートフォンをマウントするゴーグル「Daydream View」も出てくるみたいなので、この辺りがどうなのかという感じでしょうかね。債務整理比較ランキング