住宅ローンによる借金が払えないという人は少なくないです。

これまで普通に仕事をしていて借金を払っていたけど、ある時から失業してしまってお金がなくなってしまい、住宅ローンによる借金が払えなくなってしまったということは珍しくないです。

住宅ローンは仕事がある間は普通に払えると思いますが、失業して次の仕事がなかなか見つからないような状況が続いてしまうと、払うことが難しくなってしまって、どうしようもなくなるという可能性があります。

もし住宅ローンが払えなくなってしまった場合には、そのままにしていてもローン会社に差し押さえられるだけなので、任意売却などををして、できるだけ負担が少ない状態で手放すことが一番無難です。

そして他にも借金があり、仕事がなく支払うのが難しいような状況なら、自己破産等を検討するといいです。

あるいは、仕事はあるけど他の借金の影響で住宅ローンを払うのが厳しいという場合には、住宅ローンを支払っている家を残した状態で、借金を大幅に減額することができる個人再生を検討するといいです。

何となく借金減額する手続きについて、自己破産を連想する人が多いのですが、他にも色々な手続き方法があるんですよね。

個人再生なら住宅ローンを払っている家を残して債務整理することができるので、場合によっては家を手放さずに借金を減らすことができます。任意整理の無料相談可能な弁護士事務所