実年齢よりも若く見える人と、実年齢よりも老けて見える人にはどのような違いがあるのでしょうか?

同窓会などに参加すると、なんとなく若々しく見える人と老けて見える人がいます。同い年のはずなのに、「見た目年齢」に差があるのはなぜなのか、美容に興味のある女性からしたら喉から手が出るほどほしいじょうほうではないでしょうかか。

細胞は常に新陳代謝を行っており、あたらしい細胞と入れ替わっています。こういった繰り返しの中でどんどん老化が進んでいくのですが、その中でも見た目年齢があまり代わらないような人も居ます。

特に芸能界では昔から見た目があまり変わらないような人も結構居ますよね。

こういった実年齢と見た目のギャップについては食べすぎが大きく関係しているみたいですね。つまり食べ過ぎていると老けて見えるということです。

実際にサルで試した動物実験からも「食べすぎ」が老化を早めてしまうことが明白にわかっています。

そのため昔からある金言として「腹八分目」というのが見た目眼年齢を上げないコツになってきます。

具体的にはエネルギー量の少ない食品を選ぶと腹八分目を行うことができます。さらに活性酸素をためないように、抗酸化作用のあるビタミンCなどをとる方法もあり、栄養などを考えながら食事を工夫するといいと思います。借金返済できない場合に無料相談を利用した返済のコツを伝授